ローププーラーの使い方 (詳細写真つき・ロープのセッティングと使用上の注意点)

IMG_4532

ローププーラーの使い方と
一番最初にロープを取り付ける方法に
ついての記事です。詳細写真付きです。

こんばんは、からまつです。

以前、伐採の道具に
ローププーラーというものを導入したという記事を書きました。

ローププーラーというのは、
木に掛けたロープを引っ張るための、「ハンドウインチ」のような役割を果たす道具です。

ローププーラーという装備を新たに導入しました。この道具は、ロープを 引っ張り、狙った方向に木を倒す際に、非常に役に立ちます。 ハンドウインチと違い、けん引できる距離が非常に長いのが魅力...
ちなみに前回の記事はこちらです。
前回の話では、「枝のない木にロープを掛ける方法」を説明しました。脚立(はしご)を持っていないため、色々と思案した挙句、この方法に辿り着きました。 分かりやすく、マンガで説明しようとしたと...
さて、この道具、最大の利点は、
けん引できる距離が長い(余っているロープの長さの分だけ引ける)という所です。

そして実際に、
このローププーラーを使用して伐採を行った中で、いくつか使用上の注意というか、感じた事があったので、これから開拓・伐採に挑む方に向けて報告したいと思います。

いや、自分、伐採しないけど・・・
という99パーセントの読者のみなさまにおかれましては、「へぇ~。そういう道具もあるんだね~。・・・この素晴らしきムダ知識・・・。」という感じで、お手持ちの「へぇ~ボタン」をトリビアの泉ばりに連打して頂けると有難いです。

では、行きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハンドウインチと比較する

IMG_4523

まずは、装備比較から。
写真上のものがいわゆる「ハンドウインチ」です。

そして、よく似た形の下のものが「ローププーラー」です。違いはというと、

IMG_4525

上のハンドウインチは、
ロープではなく「ワイヤー」が使われています。それゆえにパワーもあります。

写真では分かりませんが、
手に取ってみると、フレーム部分の作りも、がっしりしています。最大荷重は2トンです。対するローププーラーは3/4トン。

「ならば、こっちの方がいいんじゃないの?」
と考えるのが筋というものです。

しかし、このハンドウインチ
けん引できる長さが1.4メートルしかないんです。

1.4メートルも引っ張れれば充分に木を倒せるのでは?

そう考えていた時期が、私にもありました。

img_2111

はい。全然倒れましぇん!

木というものは、想像以上にしなり、粘るのです。

ハンドウインチを使って、カラマツの小径木の伐採に挑みました。 簡単に倒せると思っていましたが、予想外の事態に陥り、 危険な状況を作ってしまいました。 こんばんは、からまつです...
この写真は、過去の伐採時のものです。

この写真の後も、ガンガン引っ張ってテンションを掛けましたが、なかなか倒れず、最後には、「今コイツを弓に使ったら、落とせない城はない・・・。」という位にしなりました。

この戦いの後、私は、
けん引可能距離が長い、ローププーラー選手をスカウトしてきました。

分かりやすく説明しますと
ハンドウインチ選手は、150キロのストレートを投げられるけど、スタミナゼロ

対して、ローププーラー選手は
ストレートは130キロそこそこだけど、体力があり、割と計算できるタイプです。

ローププーラー(rope puller)の使い方

まず、届いたローププーラーを
箱から出して、ロープをセッティングしてやらねばなりません。

実際にやってみましょう。

ロープの取り付け方法

IMG_4537

ロープのフックがついていない方を、ローププーラーへ取り付けます。

IMG_4541

まずは、写真部分のガイドの穴を通します。

IMG_4542

そのまま、ラチェットホイール(写真の水車みたいな部分)へ。

IMG_4543

その際、写真の丸で囲った部分にバーがあるので、下からくぐらせていきます。

IMG_4545

どんどんロープを送り出していきます。

IMG_4547

今度は下へ向かって、ホイールに沿わせて進みます。

IMG_4549

その際、写真のスプリング部分の内側を通します。

IMG_4551

次の作業がやりやすい様に、少し長めにロープを送り出しておきます。

IMG_4553

さらに、ホイールに沿って、今度は底部分を通します。

IMG_4555

別角度から見ると、こんな感じです。

IMG_4557

先端が通過しました。そのままどんどん引っ張っていきます。

IMG_4558

ぐいっと。ロープがよれない(ねじれない)ように気をつけて。

IMG_4559

たるみを取ってホイールと密着させます。
お疲れ様でした。これでロープの取り付けが、完了です。

丁寧に書かれた説明書が、かえって誤解をまねいている様です。

写真で見て頂いた通り
ロープの取り付けは非常に簡単です。

ただ、説明書を見ながら
それを忠実に実行しようとすると、かえって混乱するのです。

説明書では上記写真説明の後半部分

底部分にロープを通す時に
手で押し込むだけだと、若干通りにくいため、レバー操作をして、ラチェットホイール(水車みたいなところ)を回してやりながら、通して行きましょう。という趣旨で書かれています。

たしかに少し狭くて
通しにくいのですが、
レバーでガチャガチャやらなくても手で押すだけで、十分通せるので、その方が早いです。

もちろん、手だけで
入って行き難い場合には、
レバーをがちゃがちゃとやって、ホイールを回しながらロープを進めても大丈夫です。

ホイールが空まわりしてロープが滑る?不良品?いいえ、違います。

説明書通りにハンドルを
操作してロープを取り付けていると、ロープが滑って、空回りするように感じてしまう事があります。

これは、特に問題はありません。

単に、狭い底部分に
ロープを通す際に手だけだと
やりにくいので、レバー操作も併用して、ロープを引き出して下さいというだけです。

実際に使用する際に、ちゃんとテンション(荷重)がかかれば、レバーを引いても空回りする(ロープが滑る)事はなくなります。

ローププーラーの構造

IMG_4567

写真のラチェットホイールに
溝が入っていますね。

この部分にロープがはまって、
その摩擦力で、ロープが止まります。

IMG_4568

溝にロープが食い込むため
摩擦力が生まれます。ですので、ロープは指定の太さのものしか使えません

ちなみに付属のロープ
(写真のものです)は径が12.7ミリ
(amazonの商品ページより引用)との事です。

ロープにしっかりと荷重がかかるまでは、レバーを引いても空回りします。

そのような構造になっているので
ロープが緊張状態(しっかりとテンションがかかる)になって、ホイールと密着しないうちは、レバーを操作しても空回りします。

ロープがゆるんでいたら(いるうちは)空回りをするという事ですね。

IMG_4560

ですので、実際の使用時には、
セッティングしたらまず最初に
写真の部分を手で持ってぐいぐい引いてやります。

すると、レバーを使わなくても
ホイールがまわり、どんどんロープにテンションがかかって来ます。

ある程度しっかり張れたら、
もうレバー操作をしても空回りしたり
ロープが滑ったりする事はありません。

それにしても、たったこれだけの溝で、ロープが滑らずに何百キロもの重さを引っ張れるんですね。摩擦力偉大なり。そして、最初にこの道具を考え出した人は天才ですね。

使用時の注意

実際の伐採現場で使用していて
ちょっと戸惑った事があったので、書いておきます。

レバーを操作してロープを引いていると
この様なケースが頻繁に生じました。

ロープがホイールに絡んでしまわない様に注意

IMG_4570

ローププーラーでロープを引いていくと、通常は写真の様に、ロープが矢印の方向にどんどん排出されていきます。ロープがホイールと接しているのは、常に赤い点線部分だけです。

リールのような、巻き取り方式でないため、ロープの長さが続く限り、いくらでも引っ張る事が出来る(引ける長さの制限がない)のがこの装置の最大の魅力です。

ところが、強くテンションが
かかりロープが歯車としっかり密着すると、結構な頻度で以下の現象がおこります。

IMG_4572

通常は、下へ垂れて行くはずのロープが、歯車と密着しすぎて、くっついたまま上へ。

IMG_4573

そのまま気づかずにレバーを引き続けると・・・。

IMG_4574

下へ解放されるはずの
ロープが歯車(ホイール)に巻き付き、絡んでしまいました。

ここまで行くと、これ以上レバーが引けなくなります。

私は、この状態を何度か経験しました。
難しい木で、焦っている時ほどこうなりますので、要注意です。

レバー操作1回ごとにロープを引いておいた方がよい

これを防ぐための方法です。

IMG_4576

1回レバーを操作するごとに
巻き付き始めたロープを、

IMG_4577

ぐっと引いて解放します。

※写真は撮影の関係上、ロープのギアに近いところを手で掴んでいますが、実際にはもっと離れた所を引きましょう。テンションがかかった状態で、ギア付近を触れる行為は厳禁です。

ロープをさわるのも危険ですので
引っ張る作業は一瞬で行います。

常時、レバーの反対の手でロープを持っているのは、万一の事を考えると危ないので、私は、面倒ですが、1回1回手を離してロープを引いています。

かかったテンション(荷重)を弛める方法

一旦かけたテンションを
ゆるめたい場合の操作方法です。

先に書いた、「ロープがホイールに絡んだ状態」になってしまった場合、いったんロープを弛めてやらねばなりません。

IMG_4580

写真の部分を下に押すと、ハンドルをギア(ホイール)から解放できます。

IMG_4586

その部分を押してホールドしたまま、ハンドルレバーを矢印方向に操作します。

IMG_4587

そのまま(1の方向)いっぱいまでレバーを押して、もうこれ以上動かない状態になったら、2の方向(反対)へクイッと戻します。

IMG_4590

すると、1歯分だけ弛みます。
この作業をひたすら繰り返してゆるめて行きます。

つまり、一度かけたテンションを
弛めるのは結構大変です。

計画通り伐採できた場合には
この作業をする必要はありませんので
あまり使わないと思いますが、一応知っておいた方がよい操作です。

それから、私はローププーラーや滑車を木に固定する際には、上のスリングベルトを使っています。2m×2本を常備してます。なぜかこれは、ホームセンターで買うと高いです。

今日は、伐採に必要なもの~道具・装備についてまとめてみたいと思います。 自分で木を伐ることを決めた当初は、ロープ1つとっても、何を用意すればよいか 分からず、装備を選ぶ際にはず...
その他、伐採に必要な道具と装備をまとめた記事も書きましたので、よろしければ
こちらもどうぞ。

さて、少々脱線してしまいましたが
以上、ローププーラーの操作方法でした。
ここまでお読みいただいたみなさん、お疲れ様でした。

長い人生。何が起こるかわかりません。時には、ローププーラーを使用して、状況を打開せざるを得ない時もあるでしょう。その際にお役立て頂けたら嬉しいです。

こんばんは、からまつです。さて今日は、年末の新月期伐採の続きの話です。前回は、枝のない樹、コードネーム「たまご肌」の伐採を完了したところまでお伝えしました。 その結果、私たちの土...
こちらの記事につづきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google

コメント

  1. hana より:

    へーへーへー
    3へぇ

  2. karamatsu より:

    あざっすwww!

  3. 伊勢度会 より:

    このブログが内容も緻密で大変参考になりました。
    愛読書?になっています。
    私も全くの素人でしたが昨年から椎茸の原木作りに「きこり」をしています。
    チエンソーのハスクバーナ135eを使用しています。
    原木の直径は40cm位のもあり、かかり木の対応は大変でした。
    ハンドウィンチもチルホールもこのブログを参考に購入しました。
    今年は残り10本程度倒したら来年は玉切り、運搬です。
    椎茸が一段落したら鉄筋ハウスの修理に溶接を思案中です。
    これも参考にさせていただきます。

  4. karamatsu より:

    伊勢度会さん、コメントどうもありがとうございました。

    返信が遅くなってしまい、大変恐縮です。
    また、素敵な感想をいただき、とても励みになりました。

    直径40センチのかかり木は、かなりタフですね。
    想像しただけで緊張してきます(笑)。

    私も、今冬にまた、10数本のカラマツの伐採を予定しています。
    お互い安全第一で作業を進めて参りましょう。

    私の方は、セルフビルド作業、カメの歩みとなっていますが、
    完成の日を目指して少しずつ進めて、ブログの方も
    更新していきたいと思いますので、

    今後もどうぞよろしくお願いします。