開拓開始!目指せ森の中のタイニーハウス 第1話 2016年3月

こんばんは、からまつです。

先日、ようやく書き終わった土地探しの話、

こんばんは!からまつです。長かった土地探しの旅、今日はついに契約の話です。 契約と決済を完了 契約日がやって...

そして、まとめの記事を前編、中編、後編とお届けしました。

こんばんは、からまつです! 今日は、タイニーハウスのセルフビルドが出来る土地を探してあちこち飛び回った、 私...
今日からは、いよいよ開拓編をスタートして行こうと思います。

IMG_7245

スポンサーリンク
スポンサーリンク

土地の開拓編スタート

まずは手動の武器で土地に乗り込む

2016年3月吉日 開拓を開始する

タイニーハウスの建設に、まずはスペースの確保が必要です。

幸いにも土地はほぼフラットで、比較的、木の密度が低いエリアがありますので、

そこを伐採して、タイニーハウスの建設場所にしようと考えています。

そして、その前に、車で私たちの土地へ進入出来るよう、

初日は、駐車スペースの確保から入りました。

武器はご覧の通り、電動、ガソリンなどを使う器具はまだ持って来ていません。

まずは手動の道具で戦います。

IMG_7091

最初はこの状態でした。

幸運にも、入り口付近に大木はなく、小さな木を倒すだけで

大分広くスペースが取れそうです。

敷地に入る前に一礼して、土地の神様に挨拶をします。

そして、お浄めのお酒・・・は用意してありません。

仕方がないので、水筒の蓋を開け、麦茶をどぼどぼたらします

・・・。これでは、傍から見たら、余った水筒のお茶を捨てているようにしか

見えません。なんともしまらない入植の儀式になってしまいました。

タイニーハウスの建設開始の際は、ちゃんとお酒を用意して、もう一度しっかりと

神様にご挨拶をしようと思います。

伐採には生木用ののこぎりがいい

写真の一番左ののこぎり、その名も「シルキースゴイ」が大活躍しました。

ものすごく良く切れます。生木には特に強いです。

シルキー スゴイ 360mm 390-36

新品価格
¥3,000から
(2016/6/1 04:17時点)

まずは土地をまわってツタを切る

20160502_145711


直径20センチ近くある太いツタが、カラマツ等の木に巻き付いて

成長していました。これらはいずれ、巻き付いた木を枯らしてしまうため、

倒木の危険が増します。なので、最初にツタを全部切りました。

20160502_145719

ツタは、この様にどんどん気に巻き付いて最後は、とりついた木を倒したり

枯らしたりします。

ただ、このツタの樹液はとても甘く美味しいようです。樹液シロップを作って見たかったけど、倒木のリスクを減らす方が優先です。

(※写真はツタを切ってから一か月程後に改めて撮ったものです。既に草木が芽吹いて来ています。)

抜根は大仕事の予感

次に土地の入り口に進入出来る駐車スペースを作ります。

この付近は小さな木を伐り、草取りをするだけでかなりきれいになりました。

IMG_7243

直径10数センチの小さな木でも根っこはしっかりとはっています。

この程度掘っただけでは、まったくびくともしません。

この木の抜根を、息子ガジュマルと妻どんぐりでせっせとやっていたのですが、見ての通り、ほんの少し掘っただけであっさりギブアップです。

う~む。先が思いやられます。

根切り用に、ダメになってもいいのこぎりを新たに買おうかなと思案中です。

もう少し奥のエリアに生えている、推定直径30センチ強の木を、最低でも2本は、伐採、抜根しなくてはなりません。これはかなりの大仕事になりそうです。

とは言え、その後は二人とも、草刈りや、小さな木の伐採で力を発揮してくれました。

初日の成果はなかなかのものでした。

IMG_7091

ビフォー

IMG_7124

アフター

大分すっきりして駐車スペースも出来ました。

ただ、落ち葉が堆積していて、表面はふかふかで柔らかいです。

何も考えずに車を出し入れしたら、あっという間に深い轍(わだち)が

できてしまいそうです。

スタックしないよう対策を考えるとしましょう。

まずは順調な滑り出しですが、果たしてどうなることやら・・・。

写真の通り、この時期はまだ草木が芽吹く前の季節でした。

こちらの記事につづきます。

こんばんは!からまつです。 今週末は、タイニーハウスの土台作りの(前の練習のための)資材を購入するため、再びホームセンターに足を運んでみたいと思います。 さて、以前こちらの話で、 ...
本ブログ「タイニーハウス物語」って何?と興味を持って頂けた方は、是非こちらの記事をご覧ください。

このブログは、私(からまつ)とその家族(妻1人子供1人)が、土地(山林)を手に入れ、開拓し、森の中に小さな家(タイニーハウス)を自作(セルフビルド)することを目指す活動の記録です。 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google

コメント

  1. hana より:

    家ができるまでの住処ってどうされてるんですか!?

  2. karamatsu より:

    hanaさん、こんばんは。今は東京(の端)に住んでいます。
    建設場所までせっせと通います!