伐採の道具と装備。自分で木を切る、倒すために必要なものをまとめました。

img_2931

今日は、伐採に必要なもの~道具・装備についてまとめてみたいと思います。
自分で木を伐ることを決めた当初は、ロープ1つとっても、何を用意すればよいか
分からず、装備を選ぶ際にはずいぶん悩んだので、これから伐採をするという方の
参考になる事が書けたらよいなと思っています。

こんばんは、からまつです!

今週末から再び、土地の開拓・伐採へ行ってきます。
今回は、樹高25mクラスのカラマツ(私ではなくて木の方です)の伐採を予定しています。

寒さと雪が少々心配ですが、安全第一で、できるだけ作業を進めてこようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

伐採に必要な道具・装備

チェーンソー

img_2527

マイチェーンソーはハスクバーナ135E、色々とすったもんだはあったものの、
結構気に入ってます。

チェーンソー ハスクバーナ 135e~評価&使用した感想と注意点
「チェーンソー ハスクバーナ135e」を購入し、使用しています。 この記事では、実際に使用してみた感想と評価や、トラブルを 防ぐための注意点などを。また、STIHL(ス...

言わずと知れたチェーンソー、木を切るため(受け口・追い口・枝払いなど)に必要です。ただ扱いには危険を伴いますので、十分注意が必要です。自分自身、肝に命じて作業をしたいと思います。

1点、注意点として、エンジンがかかったらすぐに一度スロットルをにぎって、
「吹かして」下さい。そうすることで、回転数が落ち着き、アイドリング状態に
なります。これをしないと、回転数が上がった状態なのに刃がまわれないため、
(チェーンブレーキをかけた状態の場合)、クラッチが焼けたり、カバーが
溶けてしまったりというトラブルが起きます。

防護メガネ

チェーンソーを使う際に、ものすごい勢いで木屑が飛びます。 目を守るために絶対に必要です。チェーンソー以外でも、刃物系の工具を使用する際には、必須となるので、
持っていない方は揃えておきましょう。

上のamazonのリンクから、色々なタイプの防護メガネの一覧ページが見られます。
自分はこれを使っていますが、しばしば「くもって」来てしまうのが難点です。
鼻息が荒いのでしょうか・・・。私の場合は、なるべく目をしっかり守ってくれそうな
形状を優先させて選びました。あと、安さと。

防護服(チャップス)

チェーンソーの刃から身を守るために、 防護服があります。今は冬なので問題ありませんが、夏は非常に暑いためチャップスを使う方が多いようです。

色々調べましたが、なかなか高価なため、私は借り物でしのいでおります。

ああ、ハスクのかっちょええやつが欲しい(けど我慢)。

こういう奴とか。

こういう奴です。どっちもかっこええけど、今日の気分は、しぶいグレーですね。
いや、やはりオレンジの方が、「ハスク」って感じがしていいかな。
やはりマイチャップスは欲しいなと思います。お金稼ごう。

ヘルメット

頭もしっかり守りましょう。高い所の枝が折れて落下するなどという事もありますしね。
これも、ハスクバーナのカッコいい奴があります。

チェーンソーの騒音から、耳を守るイヤーマフラーもセットですね。うん。ほしい。
しかし自分はといいますと。

はい。写真右上スミにかすかに映る黄色いヘルメット。このままどこの
工事現場だって、仕事に入れます。リサイクルショップで400円也。

手のこぎり

生木用の鋸(のこぎり)も、必須です。チェーンソーが使えないような場面で、活躍します。私は、シルキースゴイというものを愛用しております。切れ味がよくて満足しております。

直径20センチくらいまでなら、すこし時間はかかりますが、チェーンソーがなくても
これで充分倒すことが出来ます。

思えば、我が土地の開拓初日は、この手ノコギリ「シルキースゴイ」と
スコップのみで始まりました。

ロープ

img_2574

写真のものは直径10ミリの10メートル×2本です。

ナイロン製でわりと固めです。引っ張り強度は、9~10kN。
つまり、900キロ~1トン程度あります。

ロープは木を引っ張って、伐倒方向をコントロールするために、
なくてはならないものです。

私は、直径10ミリの10メートルのロープを2本と、直径12.7ミリ15m のロープ
を1本(ローププーラーに付属しているもの)、使っています。
予備でもう1本ぐらい、揃えたいところです。

スリングベルト

img_2391

木に回している緑色のがスリングベルトです。

50ミリ幅で2メートルのものを使っています。
写真の様に、ローププーラーを固定するものと、
滑車を固定するために使うもの、計2本は必要です。

こちらは、滑車を固定している様子です。写真上の赤いのが滑車です。

img_2472

黄色いフック付きのスリングベルトも使用しています。
写真は木の裂け防止のために、受け口の上に巻いている図です。

元々は、スタックした(はまってしまって動けなくなった)車をけん引して、
救出する等の用途にしようされる物の様です。

私は、伐採の際、木の突然の裂け防止のために必ず使用するようにしています。
「裂け防止」には、スリングベルトでなくて、
ロープを使用する方が多いかもしれません。

滑車

牽引方向を変えるために使用します。私は、1つしか持っていませんが、できればもう1個欲しいところです。写真は、私が使っている「オタフク滑車」です。縁起が良い名前で一度聞いたら忘れないインパクトがありますね。

ウインチ類(ローププーラー・プラロック・チルホールなど)

img_2520

木を引っ張るために、なくてはならない道具です。

私は、ローププーラーを使用しています。

ローププーラーの使い方とセッティングの方法は、こちらの記事で書きましたので、
お役立て下さい。

ローププーラーの使い方 (詳細写真つき・ロープのセッティングと使用上の注意点)
こんばんは、からまつです。以前、伐採の道具にローププーラーというものを導入したという記事を書きました。ローププーラーというのは、木に掛けたロープを引っ張るための、「ハンドウインチ」のよ...
似たような製品としてプラロック、ワイヤーで強力なチルホールなど、
いくつか選択肢があります。

牽引できる距離は少ないですが、安価でパワーもある、ハンドウィンチもあります。

ハンドウィンチは、一度直径20cm 程度のカラマツの細木(コードネーム・トールベビー)の伐採の際に使用したのですが、ツタと木の粘りが、想像以上で、牽引できる1.4m では、
とても太刀打ちできませんでした。

ハンドウインチを使って「トールベビー」を伐採~ツタが絡んだ木の怖さを知った。
ハンドウインチを使って、カラマツの小径木の伐採に挑みました。 簡単に倒せると思っていましたが、予想外の事態に陥り、 危険な状況を作ってしまいました。 こんばんは、からまつです...

これを機にローププーラーを購入しました。

ハンドウインチは、パワーは申し分ないので、
掛かり木の処理時には、活躍してくれるかもしれません。

楔(クサビ)

20160617_164722

木の伐倒方向をコントロールするために使います。
私は中型のものを2つと、小型のものを1つ用意しています。

樹を倒した後、玉切りをしていてチェーンソーの刃がはさまれ、
抜けなくなってしまった時にも、非常に役に立ちます。

今は持っていないけれど、あったらいいなと思うもの。

脚立(キャタツ)

脚立は、背の低い小さいものはあるのですが、
伐採で使えそうな高さのものは持っていません。

結構高価なんですよね。タイニーハウスの棟上げの時にも使えそうなので、
欲しいなあと思っているのですが、 今のところ脚立なしで、伐採しています。

枝のない木にロープを掛ける方法を漫画で解説してみた。
こんばんは!からまつです。年末伐採5日目、私の前に立ちはだかったのは、枝がない木。通称「たまご肌」でした。前回の記事はこちらです。 たまご肌は、樹高25メートル、幹の太さは、胸の高さ辺り...
脚立を使わずに、木にロープを掛ける方法は、こちらの記事をご参考に。

斧(オノ)

クサビを打ち込む時に、刃の反対側の 平たい部分で打つのに使います。

これも買うと高いので、買っていません。いつも、スチールのチェーンソーを、
妻どんぐりのお父さんから借りる際に、一緒に借りてきて使わせてもらっています。

借り忘れた時などは、うちの土地にある、重量ブロックでくさびを打ち付けたり、
直径10cm ほどで、適度に重量感のある薪をバットのように振り回して、
叩き込んだりしています。

そんな感じで意外に代用が効くので、これはなくてもいいかなとも思っています。

まとめ

ロープはもう一本予備が欲しいです。できれば15メートルくらいのものが、
使い勝手が良さそうです(私の場合ですが)

そして、チルホールもあったらいいな。とも思いますが、ローププーラーと、
場合によってはハンドウインチも兼用することによって、
私達の土地に生えている木ならば、何とかなりそうです。

今週からのカラマツの伐採で、今の装備で太刀打ちできなかった場合は、
対策を考えたいと思います。 伐採の技術について、勉強をしたり、
動画を見たりしているのですが、
知れば知るほど奥が深いものですね。

(写真は、先日伐採した、我が土地のカラマツです。)

とにかく安全第一、自分の身を守るということを徹底して、
週末からの土地の開拓へ行ってきたいと思います。

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google