タイニーハウスの車輪・キャスターの取り付け 鉄骨フレーム作り 第11話

こんばんは!からまつです。

昨日は、ボール盤を頂いたという話をしました。このボール盤、さっそく大活躍してくれています。使い方や実践レポートの記事を改めて作るつもりです。

さて今日は、タイニーハウスの鉄骨土台作りの続きのお話です。

前回のお話はこちらです。

こんにちは!からまつです。暑い日が続きますね。 まさに夏本番ですが、日が落ちるのが徐々に早くなって来ているのを、作業していると感じます。現在、タイニーハウスの鉄骨の土台作りを実践中ですが、予定よ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイニーハウスの車輪、キャスターの取り付け

玄関部分の仮ボルト止めが完了

当初、試作品として、タイニーハウスとは別の車輪付倉庫を作ろうと考えていたのですが、

作っているうちに考えが変わり、この部分を玄関部分として、そのままタイニーハウスに使用する事にしました。

ようやく、ボルトの穴あけが完了した

この部分のジョイント金具のボルトの穴あけがようやく完了しました。

念のために金具をセットして、ボルトがちゃんと入るかどうかを確認します。

無事に全部納まりました。ほっと胸をなで下ろします。

そして、次はキャスターの取り付けに挑みます。

ネットで注文していたキャスターが届いた

以前、こちらの記事で書いていたキャスターを注文していました。

こんばんは!からまつです。昨日ホームセンターから帰ってきてから、 ずっと、下に車輪がついている、移動できるタイプのタイニーハウスが自作出来ないだろうかと考えていました。 タイニーハウス...

これを仮組みした土台に試しに置いてみます。

IMG_9796

こんな感じです。

このキャスター、タイヤの径は30センチあり、地面から根元の部分までは37センチあります。なのでそこそこな大きさです。

ちなみに許容荷重は一つあたり350キロです。これを四隅につけるので、この部分で1.4トンまで耐える事が出来ます。

もちろん、移動は敷地内でほんの数メートルのみの予定で、定置している間はジャッキを使って、タイヤへの負担を減らします。

IMG_9797

写真の通り、キャスターの取り付け板が鉄骨より大きいため、そのままでは取り付ける事が出来ません。一工夫が必要です。

IMG_9795

事前にシュミレーションして、二通り程方法を考えていました。

現物を眺めながらどちらで行くか決めます。

ちなみ、仮置きなので、鉄骨のジョイント部のボルトはナット締めしていません。

取り付け方法を決定し、作業に取り掛かる

IMG_9793

予め用意しておいた鉄板を用いて取り付けします。

一旦屋内に入り作業開始です。

IMG_9798

紙に台座の型を取ります。もちろん、台座の図面はネットに載っているので

それを見るだけで行ける人が多いと思いますが、ここは慎重に、確実に進めます。

IMG_9800

型が取れました。

IMG_9803

簡単な作業手順をまとめたプロトコールも書いて頭に入れます。

といっても落書きレベルですね。

更に、透明なOPPに紙型を写しました。

キャスターの穴あけにはボール盤が使えない

これを元にキャスターの台座に印をつけて穴開け加工をしていきます。

ただ、ここで一つ問題が発生です。

キャスターの径が30センチ、下から上までは37センチあるため

色々試したのですが、ボール盤にセットする事が出来ませんでした。

仕方がないので振動ドリルで穴開けをする事にしました。

キャスターを固定する方法を考える

まずはキャスターを固定しなくてはなりません。

sharinn-05

写真の様な形でキャスターを固定しました。

反対側から開けられたら楽だったのですが、タイヤと自在がドリルに干渉してしまい、垂直に穴開けする事が不可能だったので、向きを変えて、宙に浮かせてセットしました。

ちなみにこのキャスター、かなり重く、その上タイヤがブラブラ動く(自在つき)ので取り扱いが結構大変です。

syarinn04

画像だと分かりにくいですが、台座の上に透明なOPPの型紙を置いて

穴を開ける位置にポンチを打ってマーキングします。

IMG_9809

ドリルをセットして、緊張の穴あけ開始です。

IMG_9811

さあ、ちゃんと開けられるだろうか・・・。

sharinn-kosaku05

奮闘すること数分間。無事にあける事が出来ました。

キャスターの材質は鉄でした。

いつも穴開けしている時の感覚と同じだったのですぐに分かりました。

もしも、もっと硬い金属で穴開けが出来なかったら、違う取り付けプランで行くつもりでしたが、これなら一番最初に考えたやり方で大丈夫そうです。

また、材質が鉄と分かったので、メッキを剥がせば溶接も可能です。場合によっては、強度アップの為に、溶接もできます。

※キャスターを木材に挟んでの加工は、固定が不十分で効率が良くなかったので、その後、

写真の様にデスクとデスクの間を調整して挟む形に変更しました。

IMG_9862

この作業の少し前から、ボール盤での穴開けにシフトしていたので、

電気ドリルでの穴開けは非常にしんどく感じました。

こんばんは!からまつです。 連日の鉄骨土台作りの作業で、少々腰痛気味です。 前回のお話はこちらです。 さて、今日は嬉しいお話を。 ボール盤を頂いた 作業していると...
それでも、イレギュラーな形のものや、大きすぎるものには、

振動ドリルが役に立ちますね。

今年の夏は、多分私の人生の中で、一番多く鉄骨に穴を開けた年になるでしょう。

つづきます。

こんばんは!からまつです。 気がつけばお盆まっただ中ですね。私はもちろん、お盆もひたすら鉄骨の穴あけです。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google

コメント

  1. 工業高校卒 より:

    1.ボール盤のチャックを交換すればもっと太いドリルが使えると思います。
    2.キャスターにはおそらくベアリングが入っており、グリスが封入されています。溶接はしない方が良いのでは。
    3.鉄には(正確には鋼、合金鋼など)多くの種類があり、部分的に硬さを変えることが出来るのも鋼の特徴です。

  2. karamatsu より:

    工業高校卒さん、こんばんは!色々と教えて頂いてどうもありがとうございます。
    鉄にも色々な種類があるんですね。ドリルの刃の食い込んでいく感じというか柔らかさが、いつも開けているもの(角パイプ等)と
    同じだったので、単純に鉄だと思いました。
     キャスターは付け替えられるように、万一溶接する場合は、間にかませる鉄板とつけようと思っています。鉄板ごと角パイプから分離すれば、
    交換が出来るように考えてます。
     ただ、溶接なしで行けるのがベストですね。まずはその方向でやってみます。