ボール盤の使い方~チャックが外れた時の対処・回転数調整・大径の穴あけ方法「KIRA KND-8」

IMG_9863

こんばんは!からまつです。

先日、ボール盤を頂いたという話を書きました。

こんばんは!からまつです。 連日の鉄骨土台作りの作業で、少々腰痛気味です。 前回のお話はこちらです。 さて、今日は嬉しいお話を。 ボール盤を頂いた 作業していると...
このボール盤をさっそく、タイニーハウスの鉄骨フレーム作り(車輪つきの

トレーラーハウスの様な形)に導入しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボール盤の使い方と注意点

IMG_9901

シンプルな構造なので分かりやすい

このボール盤(KIRA KND-8)、重たく、頑強な作りですが、構造は至ってシンプルです。

なので、使い方もごく単純です。

おそらく、機種やメーカーが違ってもボール盤自体の使い方はほぼ同じではないでしょうか。

まずは、スイッチです。

IMG_9903

コンセントに電源プラグを差し込み、スイッチをONにすると、回転が始まります。

ですので、スイッチを入れるのは、

ドリル刃の装着

穴を開ける材料(ワークというようです)の位置合わせと固定

回転数の調節

を全て行ってからです。

1.ドリル刃の装着

これは、振動ドリルのドリル刃の装着と同じやり方なのですぐに分かりました。

以前、こんな記事を書いた事がありました。 タイニーハウスのフレーム部分を鉄骨でつくる事を考えています。 その場合には、鉄骨D.I.Y.が必要になるわけですが、 大きく...
IMG_9908

この工具を使いチャックと呼ばれる、ドリル刃の固定する部分を締めたり、ゆるめたりします。

IMG_9907

時計回りで締まり、反時計回りでゆるみます。

まず一旦ゆるめてから、ドリル刃を差し込んで締めます。

その際、チャックの工具を差し込む穴が、計三か所あるので、均等に締まる様にします。

(一か所だけで締めずにチャックをまわしながら徐々にしめます)

2.材料(ワーク)の固定

つぎに穴開けする素材(ワーク)を固定します。

ボール盤は刃が垂直に降りてくるだけで、盤の方では一切位置調整が出来ません。

ボール盤「自分、不器用ですから。」

えっ?今ボール盤の声が聞こえたような・・・健さん?高倉健さん?

すみません。冗談です。

なので、素材の方を動かして、位置をあわせて固定します。

その際、テーブルは上下に動かす事が出来ます。

IMG_9863

写真右側のレバーを右回し(時計回り)でしまり、左回し(反時計回り)でゆるみます。

一旦ゆるめて、テーブルを好みの位置に合わせて、締めてやります。

このテーブルはかなり重く、ゆるめるとドスンと下まで落ちてくる事があるので注意します。

IMG_9816

こんな感じで、素材(ワーク)のセットが完了しました。ワークはクランプなどでしっかりと固定してやります。

この写真では、鉄板と下の鉄骨を一気に貫通させました(3.8ミリの下穴)。現物合わせでボルトの穴をあけている様子です。

3.回転数の調節

最後に回転数が開ける穴の径に合っているかを確認します。

このボール盤で調節できる回転数は三段階です。

下穴(3.8ミリ)は中速で、10ミリ以上の本穴は低速で作業します。

IMG_9915

ボール盤の一番上の蓋を「カポッ」とあけるとベルトと円盤が出現します。

このベルトの位置を手動で入れ替えることで回転数を調節します。

写真では、ベルトが一番下にあります。これは一番回転数が少ない、「低速」の設定です。

なので、ベルトが真ん中(2段目)にあれば中速に、一番上にあれば高速になります。

ベルトの入れ替えですが、円盤を上手くまわしながら、ベルトをずらしてやります。

円盤を回さずに強引にベルトをひっぱてもびくともしません。

ちょっとコツが要りますがすぐに出来るようになります。

スイッチを入れて穴開け開始

以上、1~4までの調整を終えたらいよいよ穴開け開始です。

borubannhandle

スイッチを入れて、ドリルの回転軸がぶれていないか確認して、

ハンドルを下方向へ下ろします。

それほど力を入れなくてもスーッと穴が開いていきます。

ドリルから持ち替えた直後の、初の穴あけでは、あまりの楽さと早さに感動を覚えました。

いきなりチャックがはずれて(落ちて)しまった

以上で使い方は終了ですが、私の場合、いきなりトラブルに見舞われました。

なんと、いきなりチャックがぼたっと取れて落ちたのです。

IMG_9911

この部分(チャック)がごっそり抜けて落ちたのです。

チャックはテーパー状になった軸部分にカポッとはまっているだけで、

ネジや接着材などは一切なしで、面の摩擦力だけで留まっているのだそうです。

テーパーとは細長い軸が、円すい状に先細りになった形の事をいいます。

これには本当にびっくりして血の気が引きました。

「いきなり壊しちゃった・・・。」

呆然とチャックを眺める私の傍らで、妻どんぐりが対処法をネットで調べてくれました。

チャックが落ちた時の対処法

1.テーパーのみの状態でまわしてみて、軸にブレがないかチェック

テーパーにチャックを付けずにスイッチを入れて回してみます。

テーパー(軸)にブレがないかチェックします。この時点でぶれているようなら

テーパーの交換、修理になると思われます。

2.チャックとテーパーについたゴミ、油を丁寧にふき取る

軸が大丈夫だったら、次にチャックの内部とテーパーの表面についているゴミを丁寧にふき取ります。油がついていたら滑って摩擦力が働かないので油はつけてはいけません。

ついていたら、同じく丁寧にふき取ります。

私の場合は、チャックにゴミが付着していたのでそれを落としました。

小さなゴミがついていると、チャックとテーパーの面がピタッと吸着せず、脱落の原因となるようです。

3.チャックを装着する

きれいにしたチャックをテーパーに装着する。

IMG_9914

チャックをはめたら、木等をあてて、ハンドルを下げてチャックを軽く押し付けます。

そんなに強く押しつける必要はありません。

※その際チャックをいっぱいまで広げて(弛めて)、ツメが木に当たらない様に注意します。

IMG_9912

写真の様にツメが出ている状態では絶対に添え木に当ててはいけません。

この方法で、チャックを装着したところ、その後はずれることなく現在も使えています。

大径の穴あけにはノスドリルを使って対応

このKND-8はチャックの最大径が6.5ミリなので、6.5ミリ以上のドリルを装着する事が出来ません。そのため、6.5ミリ以上の穴は開けられないと思ったのですが、

ノスドリルという形状のドリルを使えば、6.5ミリ以上の大径も開けられることがわかりました。

ナチ(NACHI) 電ドル用ノスドリル 6形 10.0ミリ

新品価格
¥2,139から
(2016/8/12 22:31時点)

IMG_9909

最寄りのホームセンターには、6形のノスドリルは置いていなくて、かわりに

写真のドリルを購入しました。

軸部分は6.35ミリの六角軸なので、KND-8

のチャックでも掴む事が出来ます。ノスドリルというより、六角軸ドリルと呼ぶべきものかもしれません。

10miri

問題なく10ミリの穴が開けられました。

まとめ

ボール盤が使えるようになり、電気ドリル(振動ドリル)を使用するよりも

かなり楽に穴が開けられるようになりました。

タイニーハウスのセルフビルドに強力な助っ人登場です。

つづく
https://tinyhouse-story.com/tekkotsudodai012

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google