ピンチ!ドリルスタンドぶっ壊れる&自分で修理する~タイニーハウスの鉄骨土台作り 第9話

こんばんは!からまつです。

昨日は、檜の柱材を求めて遠征した話でした。

セルフビルドの最初の関門として、資材を手に入れること。そしてそれを作業現場まで 運ぶ事が挙げられます。普段なかなか関わる事のない業者さん、「材木屋」さんで、 木材を購入した時の体験を報...

今日は、現在実行中のタイニーハウスの鉄骨土台作り(トレーラーハウスタイプ)の

続きです。

前回の話はこちらです。

こんばんは、からまつです。 さて、昨日の話を要約しますと、 「ブロックの上に鉄骨を置いた。」 以上です...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピンチ!ドリルスタンドが壊れる!

作業も軌道に乗って来た

いちいち予定にない工程が増えて、その度にあーだこーだと対策を考えていると

あっと言う間に時間が経ってしまいます。しかし、一旦やる事(方針・方法)が決まれば

あとは、身体を動かすだけなので、慣れない作業で少しずつですが、微々たる程度でも確実に前進する事が出来ます。

ドリルの穴あけも、数をこなすうちにやり方が決まって来て、着実に前進してきました。

IMG_9650

1ユニット(面)の穴あけが完了するたびに、面倒ですがボルトを仮取り付けして確認しながら作業を進めます。

IMG_9737

順番としては、各コーナーの内側のユニットの穴あけを先に行いました。

内側が終わると次は外側のユニットに着手です。

IMG_9739

写真の「右・上」と書いてある部分を本穴加工すると、この②のコーナーのジョイント加工は

一旦完成です(溶接は現地で行います)。

全て現物合わせのため、パーツが迷子にならぬようにする

各アングルの下穴は、それぞれ微妙に位置が違っているため、すべて現物合わせで

角パイプに穴あけして行きます。そのため、各コーナーにあうアングルはそれぞれ一つだけなので、どれがどこにはまるのか、しっかりとマジックで書き込みしておきます。

ずっと作業していると、マジックの文字が消えてくるので注意してたまに書き直します。

非常に手間がかかりますが、おかげで今の所ボルトがはまらないという箇所はありません。

トラブル発生~ドリルスタンドのボルトが空回り

外側の残り3コーナー(9つの穴あけ)を終えれば、めでたく第一弾玄関スペース部分の鉄骨のボルト穴開けが完成という所まで来ました。

そして下穴を開けた後、妻どんぐりが、ドリル刃の交換を始めました。

いつもならすんなり終わるのですが、3分たっても、5分たってもなかなか刃の交換がおわりません。

どんぐり「スタンドのネジが締まらない・・・。弛める事も出来なくなったよ。」

私「そんなアホな・・・。」

私が代わって六角レンチでネジを回してみますが、どんぐりの言う通り、ボルトは締める事も弛めて外すことも出来ず、くるくるまわるだけです。

必死で力を入れて締めようとしますが、努力も虚しくネジ(ボルト)はくるくると空回りを続けます。

なんて事でしょう!ドリルスタンドが壊れました。

IMG_9764

こいつが締まらないし外せない。頭に六角レンチを差し込んで回すタイプです。

IMG_9765

裏側はナットで止まっています。

最初は六角レンチを差し込む部分が馬鹿になったのかと思ったのですが、そうではありません。しっかりと効いています。

しかし、いくら回しても締まらないし外せない状態になってしまい、ほとほと困り果てました。今日1日で、あと9つ、どうしても穴開けを終えてしまいたかったので、

非常に焦ります。「くそ~もう少しなのになぜこんな時に・・・。」

復旧せず、その日の作業は終了

いくら回してもボルトが入っていきません。ドリルスタンドが使えなくなりこの日の作業は泣く泣くここまでで終了です。

「なんてこった。ついこの間買ったばっかのドリルスタンドなのに。」

まだ50コ程度しか穴開けしてないのにもう壊れてしまいました。

SK11 垂直ドリルガイド DS-70

新品価格
¥1,590から
(2016/8/6 22:11時点)

私はこれをamazonで購入したのですが、返品してやろうかと考えていました。

「いくらなんでも壊れるには早すぎる。」

落胆して、ただぼーっとドリルスタンドをながめます。

壊れたら取り敢えず叩いとけ(非推奨)

本当なら、今日はくぎりの良い所まで進める事ができたはずなのに・・・。

そんな事を考えているとなんだか非常に腹立たしい気持ちになって来ました。

その時ふと、「昔のテレビや電化製品って壊れたらとりあえず叩いてたなあ。」と、そんな事を思いました。

「・・・このネジもとりあえずぶっ叩いてやる!」

IMG_9766

半ば怒りにまかせて、私はこのボルトをトンカチでガンガン叩きました。

「くそ~、まだ買ったばっかだぞ、この不良品め!」

すると・・・「あっ。ゆるんだ。」

IMG_9767

とれました。完全にネジ山がいかれています。

※使用の際、ドリルは振動がかなり激しく、スタンドにしっかり固定するために、少々力をいれて締め込み過ぎていたようです。ドリルスタンドさん、すみません。不良品ではありませんでした。

翌朝一番で代わりのネジ(ボルト)を買ってきた

原因が分かれば話は早いです。翌朝一番でホームセンターへ行き、代わりのボルトを買って来ました。サイズはM6(径6ミリ穴)でした。

頭に六角レンチが入る型を探します。すぐに見つかりました。

IMG_9768

これが購入してきた、M6サイズのボルトです。

IMG_9769

さっそく交換です。

IMG_9771

対になる反対サイドのボルトもかなり傷んでいたのでついでに交換しました。

IMG_9774

交換完了です。当たり前ですが、しっかりと締まります。

見た目もきれいになりました。

IMG_9773

よかった。これでまた、今日から問題なく使用する事が出来ます。

まとめ

私の使い方は、多分かなりのヘビーユース

今の所、このマキタのドリルは何の問題もなく働いてくれています。

今回のスタンドの故障で思ったのですが、私の使い方はかなりのヘビーユースです。

何しろ760か所のボルトの穴あけをこなさなくてはならないのです。

そしてどうやら、この穴開け作業、更に箇所が増えそうな予感がします。

というか、増えます・・・。

はやく作業を進めたい・・・そんな気持ちから、ついつい使い方がハードになってしまいます。機材も私の腰も、もう少し労わって丁寧な使い方を心がけようと思いました。

今回は、たかだかネジ(ボルト)の交換だけでしたが、故障を自力で直せると何とも言えない達成感を感じました。

今までだったら、「これはもう使えない。壊れた。」と決めつけて、下手したらゴミ箱いきにしていたかもしれません。

この一件、ちょっと嬉しい出来事でした(1日進行が遅れましたが)。

つづきます。
https://tinyhouse-story.com/tekkotsu010

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google

コメント

  1. hana より:

    溶接するからいいのでしょうが、緩みそうなナットとボルトですね。
    土台だから緩まないやつ使うんだと思ってました

  2. karamatsu より:

    hanaさん、こんにちは!弛まないボルトとナットというものがあるんですか?
    あればもちろん使ってみたいです!