土地の境界杭の復元・復旧の完了~「土地を奪い返せ!」~タイニーハウスの土地探し

こんばんはからまつです。

昨日は伐採の後の木の整理・片付けについてお伝えしました。

伐採後の木の整理と片付け~人力で動かせない木を「コロ」で動かす
こんばんは、からまつです! 昨日の記事で、突然の雪のため、私は予定を変更して、早めに東京に帰ってきたことをお伝えしました。 東京へ帰ってきた後も、切りっぱなしで置いてきてし...

実は今回土地へ出向いた際に、木の片付けの他に、もう一つ大事な用事がありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

境界杭の復旧・復元

ここ掘れわんわん!失われた境界杭を求めて

それは境界杭の復旧・復元です。

この土地を購入する際に、敷地の境界杭を、不動産屋さんと一緒に確認して回ったのですが、

その際に、数箇所、土地の境界杭が見当たらない・見つからない所がありました。

売主さんによりますと、「しっかりとした測量図があるので、何らかの理由で境界杭が欠損してしまっているとしても、元通りに復元できます。

見つからない部分に関しては必ず元通りに、境界杭を復旧させますのでご安心下さい。」

ということでした。

契約書にも、「売主様の責任において境界杭は復旧・復元させる 。」という一文を入れて頂いておりましたので、すっかり安心していました。

で、境界杭の事に関しては、私はほとんど忘れてしまっていたのですが、土地を今年の初めに取得して、かなりの月日が流れた師走に、 売主さんが依頼した、土地家屋調査士の方とアポイントが取れ、境界杭の復旧が行われることになりました。

約束の時間に土地へ行くと、すでに境界杭が復旧されていた

ごっついジープからバンカラ風味のおやじが登場

私たちが、約束の時間に土地へ到着すると、すでにごっついジープが、土地の入り口にどどんと止まっておりました。

私たちも車を止めて外に出ると、ジープから、裸足にサンダルと言う、12月には似つかわしくないバンカラなスタイルのおやじが、颯爽と登場してきました。

先日のワイルドマン先生は、まんま西部劇に出てくるカーボーイスタイルだったし、このおやじは、冬なのに裸足にサンダルのバンカラ風味

この辺りの人は、基本キャラ濃い目なのかな・・・?

まあ、素晴らしい事ですね。

通りすがりのワイルドマンに伐採の手ほどきを受ける~偏芯木のツルの残し方
こんばんは!からまつです。今日は早速、昨日の話のつづきに行きたいと思います。 (前回のお話)土地の入り口エリアにある、高木「(コードネーム)ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」を伐採するために、ロ...
バンカラとは、「ハイカラ(明治時代に西洋風の身なりや生活様式を取り入れたおしゃれさん)」に対する、アンチテーゼとして、生まれた言葉。敢えて、ボロボロの服(学ランなど)や高下駄を穿き、「おのれの外見を飾ること以外の事に、より熱心である。」ということを表現しようとする服飾文化。及びその源泉となっている気質性質のこと 。

挨拶もそこそこに、おやじは、「境界杭なんですけど、全部見つかりましたよ。」と言って、私たちを案内して回ってくれました。

境界杭は埋まっていただけ、掘ったら全部出てきた。

img_2860

どうも事前にこのおやじ(土地家屋調査士)が、見つからなかった境界杭を探して下さっていたようで、掘り出した境界杭の場所に、わかりやすく赤ペイントで印をつけてくれていました。

「ちゃんと元の測量図通りの場所に杭が埋まっていたので、このままで問題ないと思います。」ということでした。

型破りな風貌だけど、めっちゃ仕事出来る人や・・・。

ナチュラルセットバック?得したととるか?損したととるか?

そしておやじは、「これを得したととるか?損したととるか?」はからまつさん次第なんですが、

「この道の部分まで、からまつさんの土地ですね。」とおっしゃる。

実は私の前の土地は、市道ではあるものの、幅が非常にせまく、公図では2m となっていました。

しかし実際には、どう見ても、2m 以上あり広々としています

どうやらその分は、すべて私たちの土地だったということが判明しました。

土地に家を建てる際に、幅員が4m 以内の道路に接道している場合、道路の中心から2m 以上距離をとって、その部分には塀などを築いてはいけない。

というルールがあり、その部分にある、塀などの造作物は家を建てるときに撤去しなくてはならず、それをセットバックと言います。

私たちはまだ家を建ててはいませんが、すでにナチュラルセットバックが完了している状態でした。部分的には、かなりセットバックしすぎている所もありました

私たちの土地自体は、かなり広く、メインで使おうと思っている部分だけで500坪以上あるため、これくらいならば全く影響もないし、問題ないと言えばないです。

img_2866

ただやはりそうは言っても私たちの土地。少しづつ奪還してやろうかななどと、セコイ考えが頭をよぎります。

写真に挙げた部分だと「まあ、これくらいは・・・」という程度ですが、場所によっては、「ちょっと取り返しておいた方がよいかも。」という所もありますね。

土地家屋調査士さんによると、その部分は、当然ながら私たちの土地なので、元の公図通りの形の道路に直してしまって、塀を建てようが何をしようが、私たちの自由ということでした。

「ただ、この道は、他の地元の方も通るでしょうから、いきなりそこまでやっちゃうと、ちょっと角が立つかもしれませんね。」

とも言ってましたね。

「 土地奪還作戦始動」

そのような理由で、境界杭の復元は無事に終わりました。というより境界杭は、復元する必要もなく、正確に測量図通りの位置に全て存在しておりました。

なので、境界杭の確認が無事に終了という感じですね。一件落着です。

しかし、同時に新たなミッションが発生してしまいました。そうです。それは「土地奪還作戦」です。

この作戦、5年から10年計画で、じわじわと進めてやろうと思います。

戦略はすでに決まっています。まず、今、現状の、見た目の道路との境界に「木」を植えます。

それが3年5年と、時が経つうちに、枝が横へ横へとはっていきます。

枝が、本来の土地の境界付近まで到達した頃合いを見計らい、その部分へ岩などを置いて、さりげなく領土を主張します。 焦ってはなりません。地元の人も気づかないほどゆっくりと、しかし確実に領土を拡大していきます。

これは長い戦いになりそうです。

ふっふっふっ。 楽しみが一つ増えました。

つづく

私たちの、「タイニーハウスの土地探し」の話はこちらからどうぞ(全30話)

タイニーハウスを自分で作る!そのために土地が必要だ。私の土地探し体験談
こんばんは!からまつです。 私が実現を目指している「タイニーハウスをセルフビルド計画」 スモールハウスを作り始める前に建てる場所が必要です。 よってまずは土地を探...
安い土地を手に入れるためにこんな方法を実践しました。
タイニーハウス・小屋暮らしのための安い土地、ネットでの探し方と心構え 
本記事では、タイニーハウスや小屋暮らしを実践する為に必要な、安く買える土地を 「どうやってネットで探せばいいのか?」、インターネットを使った土地探しの方法 について、少し詳しく書いてみ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google

コメント

  1. 匿名 より:

    樹は思った以上に伸びるのが速く、枝も大きく広げて行きます。
    田舎では他人の土地を盗るのは少なく無い=多いと思います。
    山の木を伐り出して運搬する際に路が広く無いと不都合だから、山の植林土地の持ち主等は、
    路を広く広げたいのです。

  2. karamatsu より:

    こんばんは!確かに樹の成長はすごいですね。垣根として何を植えたらいいかを思案中です。
    うちの前の道も、自然に広がってきた感じですね。
    何もしないと、際限なく広がってきそうな気もしますので、早めに手を打っておきます。
    まあ、住みはじめてしまえば、毎日目も届くので問題ないと思っています。