木材を安く買う方法:材木屋さんで購入した木材と価格(費用)一覧

img_0671

こんばんは!からまつです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

木材を安く買う方法

木材の価格は、時期によってもかなり相場がかわる様子です。
基本的な相場を押さえて(ホームセンターなどの価格をまずはチェック)、
その上で、材木屋さんに問い合わせをしてみると良いかもしれません。

と、同時に長く家を支えてくれる大事な部分ですから、
材木屋さんと相談しながら、品質を大事にすることも
必要だと思います。

ヤフオクで価格をチェック

また、ヤフーオークションで「材木」「木材」「柱材 檜」などと
検索してみて、価格を見てみるのも、とても参考&勉強になります。

今回、私がうかがった材木屋さんもヤフーオークションに出品していて、
私の様な一般人(プロの業者さんや大工さん以外の普通の人)にも
販売して頂けるお店でした。

自力で運べば安くなる

例えば、インターネットで、お値打ちだと思う材を見つけても、
送料をかけて送ってもらえば、どうしてもその分高くなってしまいます。

軽トラや2トン車を友達や知り合いに借りるなどして、
がんばって自力で運べば、送料の分が浮くので、
ワンランク良い材で揃えられたり、単純に費用が抑えられたり
する可能性があります。

荒材を買ってひと手間加える

最初から、化粧仕上げのものを買うのではなく、野地板などは、
荒材を購入し、自分で電気カンナなどできれいにするという
やり方もありだと思います。

私は今回、このやり方に挑戦しています。

材木屋さんから購入し自力で運ぶ:実践編

という事で、さいたま市まで、追加の木材を購入しに行って来ました。

実は先週伺う予定だったのですが、台風の影響を懸念して今週になりました。
当日は暑いほどのいい天気に恵まれて、すごくラッキーでした。

ではさっそく、この日の一部始終を写真と共にお伝えしたいと思います。

img_0639

馬(ソーホース)を用意し、受け入れ態勢を整える

今回仕入れる木材は建前上棟までに必要なものになります。非常に量も多くなりそうなので、事前に馬(ソーホース)を一組空けて受け入れ準備をして置きます。

写真の木材は以前購入した、檜(ヒノキ)の柱材(3寸5分・3メートル)です。
1本20キロ程だとすると、40本で既に800キロが馬の上に載っています。
まだまだ載せても大丈夫そうです。

随分時間がかかりましたが、しっかりと馬を作っておいて良かったです。
https://tinyhouse-story.com/umawotukuru

加工済みの鉄骨は、庭に移しました。

img_0638

こちらは、重量400キロ弱でしょうか。

いざ、さいたまへ

準備をして、出発です。

img_0657

時刻は朝9時過ぎ。我が家から、さいたまの材木屋さんまで、片道3時間ちょっとの予定です。

img_0658

青空も出てきました。前回よりも、道が空いていていい感じです。

セルフビルドの最初の関門として、資材を手に入れること。そしてそれを作業現場まで 運ぶ事が挙げられます。普段なかなか関わる事のない業者さん、「材木屋」さんで、 木材を購入した時の体験を報...
前回はたまたま交通量の多い日にあたってしまった様で、行きは4時間ほども掛かりましたが、今回は、3時間を少し切るくらいでさいたま市まで到着しました。

順調に到着、2トン車をお借りして運びます

img_0669

目的地はこちら。さいたま市にある「扇屋通商株式会社」さんです。

img_0668

すごい数の木材が並んでおります。

今回は、前回よりも購入する材の量が多いので、
社長さんのご好意で、2トン車を貸して頂いて
我が家まで運ぶ事になりました。

img_0672

到着すると、すでにトラックに材を積み込んで頂いておりました。

急遽、追加購入も決定

また、急きょ、檜の間柱(27ミリ厚)を66本追加で購入しました。

これは、現状ではかなり黒ずんでいるのですが、
削ってやればきれいな面が出るという事で、随分安く購入する事が出来ました。

10.5センチ×3メートルで1本378円(税込)です。

これを我がタイニーハウスのフローリングに使おうと思います。

厚さ3センチ近い贅沢なひのきの床が、
2万5千円を切る価格で実現できそうです。

もちろん、現在はかなり変色しているので、
70本近くを全部カンナ掛け(電気カンナを使います。)して、
さらに相じゃくり加工を施す手間が必要です。

zaimoku-kounyu01

そんな訳で材を載せ直して頂いております。

う~む。改めて見るとすごい量です。
私達の小さい家でもこれなんだから、
一般の住宅だとものすごい事になりそうですね・・・。

img_0673

積み込み完了です。

今回購入した木材と価格(費用)

樹種 用途 寸法 長さ 単価(税込) 本数
3寸5分角 3m 1296円 20
土台&桁 3寸5分角 4m 3218円 10
間柱 1寸×3寸5分 3m 486円 75
間柱(床材)として 9分×3寸5分 3m 378円 66
野地板 4分×5寸 1.82m 1296円/坪 17(坪)

※3寸5分=10.5センチ 9分=2.7センチ 4分=1.2センチ 5寸=15センチ

以上、全て税込単価  合計 14万1千530円でした。

30ミリ厚の間柱材は、垂木(屋根を支える部分に使います)と筋かいにも流用します。

前回購入した、檜の柱40本(5万1千840円)と合わせると、
総額19万3千370円です。

今後かかる木材費用としては、内・外壁と胴縁でしょうか。

当初見積もっていた、木材費用は30万円前後なので、
なんとか予算内に収まりそうです。

材木を載せて我が家へ出発

img_0676

やはり業務用の車はマニュアルですよ

さあ、無事に家まで辿りつけるでしょうか。

やはり、業務用のトラックといえば、マニュアル車であります。
最後にマニュアル車を運転したのはいつ以来だったか・・・。

そんな訳で、

img_0686

くつろぐ二人組(妻どんぐり&息子ガジュマル)
と手に汗にぎる中年おやじです。

ちなみに、この日は思いっきり平日ですが、息子ガジュマルは学校を休んで、
特別参加、社会科見学です。学校の勉強も大事ですが、学校の外で学ぶ事もまた大切です。

img_0683

慣れるとマニュアルも楽しいですね。
運転中に左手でなんか食べたり出来ないのが残念ですが、快調に進みます。

無事帰宅・苦難の積み下ろし作業

そして、午後4時ごろ、無事に東京の外れの我が家に到着しました。

急いで材を降ろして、トラックを材木屋さんまで返しに行かなくてはなりません。
つまり、もう1往復するのです。

私の計算では、30分もあれば全部木材を降ろせると考えていました。

img_0692

まずは、一番上に乗っていたヒノキの4メートル材を降ろします。

これが結構大変でした。わずか1メートルの違いですが、
3メートル材より明らかに重いのです。トラックから引っ張り出すのに一苦労しました。

img_0694

檜の香りをかぐ余裕があったのも最初のうちだけ。ひたすら降ろしても降ろしても、
材が減っていく気配がありません。

時間は刻々と進み、4時から5時、5時から6時・・・・。

ついには辺りはすっかり暗くなってしまいました。

img_0697

全ての材を降ろし終わったのは、なんと午後7時。
荷卸しに3時間もかかってしまいました。

img_0696

野地板に至っては、馬に載らず・・・。
想定以上のボリュームでした。

このままでは板が痛んでしまうので、早急に対策を考えます。

再度、トラックを返しにさいたままで

img_0701

時間短縮のため高速を使います。かなりスリリングでした。
そして、午後9時半、無事に扇屋さんに辿り着きました。

img_0703

とんでもなく遅くなってしまいましたが、
社長さんが待っていて下さいました。

とっても助かりました。どうもありがとうございました。

img_0704

これで、明日からは木材の刻み作業に入れそうです。
深夜1時半、無事に帰宅し、長い1日が終わりました。

おかげで良い材を手に入れる事ができて大満足です!

こちらの記事へつづきます。
https://tinyhouse-story.com/mokuzai-sentei

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google