年末年始伐採スペシャル~恋人はチェーンソー

img_3557

さて、本日からは、年末年始の伐採・土地開拓の模様をお伝えしてまいります。まさか年をまたいで、山林(土地)の開拓をするなんて、数年前の自分には、想像も出来なかったでしょう。よい年末年始となりました。

少々小キズは作ったものの、幸い大きな怪我もなく、 無事に戻ってこれました。

それでは前置きもほどほどに、早速、伐採レポート開始でございます。

あ、前回の記事はこちらです。

タイニーハウスのセルフビルド~今年のまとめと来年の予定
こんばんはからまつです。 明日からまた土地の開拓へ行ってきます。 という訳でこの更新を最後に、ブログ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラマツの伐採

今回の開拓の目的は、樹高25m クラスのカラマツを伐ることでした。

私たちの土地に、最もたくさん生えていて、最も存在感のある木が、この唐松(カラマツ)です。要するにカラマツ林と言った風合いの土地な訳です。

私の「からまつ」という名前も、この土地のカラマツにちなんで、付けたものです。

今までの伐採は、カラ松を倒すための準備段階、スペース作りの要素が大きく、

ここからがいよいよ本番という感じです。

土地に生えるカラマツを紹介します

img_3927

ウエストウォールズ(West  walls)軍団

土地の西側に、壁のように連なるカラマツ達、通称「ウエストウォールズ」。

今回の伐採のメインターゲットです。以前の伐採では、ここに生えていた直径20cm余りの細木、 通称「トールベビー」を伐りました。

ハンドウインチを使って「トールベビー」を伐採~ツタが絡んだ木の怖さを知った。
ハンドウインチを使って、カラマツの小径木の伐採に挑みました。 簡単に倒せると思っていましたが、予想外の事態に陥り、 危険な状況を作ってしまいました。 こんばんは、からまつです...

img_2072

ロープがかかっているのが、以前倒した木「トールベビー」です。この細っチョイのに、たっぷりと冷や汗を掻きながら、2日がかりの伐採でした。

そして、今回、お相手願うのはその後ろに控えるみなさま達です。

約半数ほどが、タイニーハウス建設スペースとなる、土地の中央部分へ向かって、わずかですが、傾きながら生えています。

将来の危険を考えると、それらは全て伐採しなくてはなりません。

ノースイーストカーテン(North east curtain)一味

土地の北東部に分布するカラマツ達です。境界を接する市道(林道)や隣地との間に、 間仕切りというか、目隠しというか、程よいカーテンのような感じで存在しています。

このエリアは、今回の伐採では手が回りませんが、最終的には何本か伐採する必要がありそうです。あんまり伐り過ぎると、せっかくの目隠し効果がなくなってしまうけど、風通しは良くなりそうだし、悩むところですね。

KRT48(ケーアールティー・フォーティーエイト)

そして土地の南側に位置する、最大のアイドルカラマツ集団、

KRT48(カラマツフォーティーエイト)です。

私たちの土地は、南北に奥行きが約60m程あるのですが、 約半分、30m ほどが未開拓の林となっています。ここには、樹齢約50年程度カラマツと、若いサワラ、さらに数種類の広葉樹たちが混成しています。

間伐されていなかったために、カラマツの密度が高く、人間で例えるなら、かなりの人口過密状態となっている様子です。

風通しや、10年20年後のこの林の将来のことを考えると、最終的には生息する木々の半数ほどに卒業してもらい、適度な密度を保ってやらなくてはなりません。

強制的な卒業(退学?)を促さねばならず、心が痛みますが、私が手を下さなくても、遅かれ早かれ、彼ら(彼女ら)は倒れてしまうと思われます。

img_3783

この写真は、私の土地の西側の際の辺りの「掛かり木エリア」です。既に自然倒壊が始まっています。間伐が十分に行われず、徒長した針葉樹は、その樹高に対して根張りが小さく、

風雪害などに非常に弱くなっています。このまま放置すれば、おそらく何かのきっかけで、自然倒壊が起こるでしょう。そうなる前に、私がちょっとずつ手を入れて行くつもりです。

さて、そんなKRT48の中でも、タイニーハウスの設置予定地に面した、4本のカラマツは 、かなり直径も太く、たくましく育っています。

この4本が、KRT48のセンターを争っております。

タイニーハウス建設後のオフグリッド生活では、太陽光パネルによって発電をしなくてはなりません。そのことを考えると、この4本は全て伐採しておいた方が良いのですが、

果たして私の技術でそれが出来るでしょうか・・・。

かなり不安があります。

南側は、ここさえ何とかできれば、残りの林の中は、タイニーハウスを建設してからでも、如何様にも、整備が可能なのですが・・・。

クリスマス・イヴ~伐採開始

2016年、12月24日、クリスマスイブ。午後2時半過ぎに現地へ到着しました。

早速、敷地内を歩き回りながら、今後の伐採計画を練ります。

「恋人はチェーンソー♪ よく切れるチェーンソー♪♪

お~が~く~ずを撒~き散~らし♪」

クリスマスに伐採現場で聞きたい曲集より

年末年始、伐採スペシャルが静かに幕を開けました。

こちらの記事につづきます。

いきなり危険木?~芯の腐った木を伐採する
こんばんはからまつです。 昨日は、私達の土地に生えている、唐松(カラマツ)の林の状況を、簡単に紹介しました。 その中でも、今回の伐採で、ある程度切ってしまいたいと思っている...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google