不動産屋との値引き交渉、そして決断の時 [土地探し 11]

huziminohuzisan

こんばんは!からまつです。昨日は井戸掘り工事の見積もりの値段に驚いた話を書きました。

そして本日は、その続きです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大きな問題が二つ

購入を前提に考えはじめた、長野県諏訪郡富士見町の土地ですが、
大きな二つの問題が私たちの行く手を阻みます。

1・南側の石垣

この土地は緩やかな南斜面にあり、土地自体は平坦なのですが、南北に段差があります。
段々畑のようなイメージです。

そして、この土地の南側の段は石垣になっているのですが、この高さが問題です。

2メートル以上あると擁壁工事が必要となり、費用面から、購入を断念せざるをえません。

2.井戸水は10メートル以内ででるのか?

調べたところ、富士見町には井戸掘りを規制する条例があり、10メートル以上掘削する井戸掘りには、まわりの地権者全員の承諾と町の審査が必要であると分かりました。

役場の人に聞いたところ個人で許可が下りた例はほぼないという事でした。

最初に見積もりを取った業者さんはあまりにも高額であったため、別の会社を探したところ、何メートル掘っても30万円(ポンプ設置費込)でやってくれるという所を見つけました。

この金額ならば許容できる費用ですが、

問題は10メートル以内で水が出るのか?それ以上掘って水がでても、
条例違反となってしまいます。

もう一度現地へ

どうにも困りましたが、もう一度現地に行き、さらに調べることにしました。

石垣の高さは大丈夫だった

IMG_6833

現地について、早々に石垣の高さを測ります。
一番高さのある所で、1メートル55センチ。
セーフです!

このままの状態でも建物の建築は可能です。
こっちの件は、難なくクリアです。

水が出るかどうかは掘らなければわからない

前述の井戸掘り業者さんは、買う前にボーリング調査をした方が良いとアドバイスを
くれました。費用は数万円かかるが、買ってから水が出ないでは致命的なので、
これは経費と割り切って、払うしかありません。

問題は、事前に売主さんがボーリング調査をさせてくれるどうかです・・・。

不動産屋に値引き交渉をする

私たちは不動産業者さんと再び現地で待ち合わせて、井戸の条例の事などを話しました。

その上で、建物の解体は自分達でやるので、解体費用分を値引きしてほしい(50万円ほど)

さらに、事前にボーリング調査をさせてほしい。
調査の結果、10メートル以内で水がでなければあきらめると伝えました。

解体更地渡し

この物件は、今立っている小屋を、売主さんの負担で解体し、
更地にして引き渡すという条件で売りにでていました。

しかし、それはもったいないと思いました!トレーラーハウスの土台、コンテナ、
プレハブ小屋の骨組みなど、使えそうな資材が山ほどあったからです。

値引き成功

すると、不動産屋さんはその場で売主さんに電話をして、交渉してくれました。
売主さんもその場でオーケーしてくれました。すでに解体の見積もりを取っていたそうで、

解体費用、59万円を値引きしてくれました。

よって物件価格は200万円-59万円で141万円になりました。

ボーリング調査は?

しかし、ボーリング調査はのらりくらりとかわされて、話をはぐらかされてしまいました。

不動産屋さんいわく「あたしは掘っちゃっても大丈夫だと思うよ!黙ってればわからないから!掘っちゃいな!

「YOU!買っちゃいな!そんで掘っちゃいな!」という恐ろしくライトなノリです。

これは天使のつぶやきか?それとも悪魔のささやきか・・・

僕も人間です。正直に告白すると、「掘っちゃえばいいかな。」と思ったことは認めます。

でもやはりダメです。

私たちはここに、自分たちが自分達らしく振舞える、
好きなことを存分にできる空間を作るためにやって来たのです。

なのに、「井戸のことバレナイかな~」などとびくびくしていたら、全く面白くない。

タイニーハウスを作る意味すらなくなってしまうと思いました。

その日は結論を出せずに帰ることに

私たちの反応をみていた不動産屋さんは「私はこの町に知り合いも多いし、顔もきくから、
何とかならないか聞いてみるよ!」「多分なんとか井戸の許可もらえると思うから、
週明けに電話するよ。」

「だから今日は、取り敢えず買い付けだけでも入れちゃたらどう?」

と、どこまでも絶好調です。

結局この日、私たちは態度を保留して東京に帰ってきました。
不動産屋さんが無事に井戸掘削の許可をとってくれることを期待しながら。

週が明けても電話はならず・・・

週が明けました。月曜日、火曜日・・・。待てど暮らせど電話は鳴りません。

私は、仕事をしていても、電話がかかって来ないかと気もそぞろで手につきません。

そして水曜日、しびれを切らした妻どんぐりが言いました。

「こっちから電話する!」

長くなったので、いったん区切ります。

不動産屋との交渉決裂! ふりだしに戻った土地探し その12
土地探しの過程では、海千山千の癖のある不動産屋さんとも 交渉しなくてはならない事もあります。私達も散々、翻弄されました。 こんばんは!からまつです。 さて、今日も昨日の話の続きで...
つづきはこちらです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google