ビーバーも伐採に失敗して命を落とす。改めて安全第一を肝に命じました。

IMG_3671

こんにちは、からまつです。今日は、昨年末に行った伐採の話の続きを進めるつもりです。
ただ、先日ツイッターでフォローした方のツイートを何気なく見ていたら、
なんとも言えない衝撃的なニュースを目にしてしまったので、
その話から入りたいと思います。


本当に痛ましい事故です。亡くなったビーバーに、心からご冥福をお祈りします。
私もきこりの端くれとして、ビーバーには普段から尊敬の念を抱いていました。

このニュースの日付を見ると、2015年4月なので、約2年前の事なんですね。

ビーバーは天才きこり、天性の伐採職人として、有名な存在です。
どんな木でも、野生の感覚で、必ず川側に倒してしまいます。

この写真でも、しっかり川側に狙って倒しています。
にも関わらず、なぜ君はその位置にいたんだ・・・。
天才ゆえの油断というやつか・・・。

ことわざで「サルも木から落ちる」とか「河童(かっぱ)の川流れ」なんて言葉が
ありますが、そういう類いの事でしょうか。

なんだかすごく気になったので、ビーバーという動物について少し調べてみました。
以下、引用先はウィキペディアです。

直径15センチの木をわずか10分で倒す伐倒能力をもつ。
自分の生活のために周囲の環境を作りかえる、ヒト以外の
唯一の動物であるとも言われる。(自分でダムをつくり、
川をせき止め、安全な巣を作るために、水位を調節する。

2011年現在で確認されている世界最大のビーバーのダムは、2007年にカナダの
ウッド・バッファロー国立公園内で発見されたダムで、長さは850mにもなる。
1970年代から建設が始められ、数世代にわたって拡張され続けているものと
考えられている。このダムは更に拡大を続ける可能性がある。

ビーバーの毛皮は柔らかく暖かいため、過去に乱獲され、
一時期は絶滅寸前となった。食用とされたこともある。

ビーバーのダムは、多様な生態系を生み出すため、益獣とされる地域もある。
一方で、外来として持ち込まれた地域では、天敵がいないため、
木を食害する害獣として駆除の対象となっている国もある。

警戒心が強いため、不用意に近づくと、おそわれる事もある。
過去に、ビーバーを発見し一緒に記念写真を撮ろうと近づいた人が、
おそわれて死亡する事故も起きている
ビーバーの歯は、木の伐採が出来るほど鋭く大きいため、攻撃力もある。

ビーバーをモチーフにした主な作品
  • 絵本『ベントリー・ビーバーのものがたり』
  • アニメ『ドン・チャック物語』
  • 映画『それでも、愛してる』ビーバー人形がうつ病の主人公を救う。
  • 映画『ゾンビーバー』 ゾンビと化したビーバーが人間を襲うホラー映画。

最後の映画2作品は、わざわざ「ビーバー」の項目に記載する必要があるのか
少々疑問を感じざるを得ません・・・。

それはさて置いても、ビーバーという動物が、非常にユニークな存在であり、
人間との関係も深かったという事をうかがい知ることが出来ます。

大抵は、人間の都合で、ビーバーが一方的に被害をうけるという構図のようですね。
「人間との関係も深かった」などと書きましたが、ビーバー側からしたら、

「いやいやいや。おれら絶対あんたたちとは、関わりたくないから。」
「あなた方とかかわって、良い事一切ありませんから。」

という事になると思います。

人が襲われて命を落としたという事故も起きていますが、
釣りに行く途中に、ビーバーを見つけて、一緒に記念写真を撮ろうとして
近づいたところ、警戒したビーバーにかまれてしまったそうです。
ビーバーの歯は、非常に鋭利な上に、長いため、運悪く、キズが動脈にまで
達してしまい、救急処置(止血)が間に合わなかったようです。

ちなみに、ビーバーの歯はオレンジ色なのが特徴で、これは、鉄分が多いために
そのように発色するみたいです。なので、どんなにホワイトニング効果の高い
はみがき粉を使っても、ビーバーの歯を白くする事は出来ません。

アパガードでも無理ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビーバーでも命を落とす伐採作業

安全第一、気を引き締めて、伐採7日目の午後

すみません。自分は子供の頃、シートン動物記だの、ドリトル先生だの、
山ネズミロッキーチャックだの、とにかく動物ものが大好きだったので、
ビーバーについて調べ出したら、とまらなくなってしまいました。

結局、何が言いたかったのかというと、とにかく伐採作業は、安全第一を心がけて、
慎重に行わなくてはならない。自分の力ではどうにもならない、自然の力を
相手にする作業なんだなと、改めて感じたという事です。

そして、ようやくここから、年末の伐採、7日目の報告です。

切り株の年輪、広がった方が南はウソ~方角は分かりません。
さて今日も前回に引き続き、伐採の話を。 コードネーム「コリャフトイヤー」の伐採から一夜明け、この日は伐採7日目。丁度1週間が経ちました。昨夜がちょうど新月。つまり、そろそろタイムリミット...
まず、前回のお話はこちらです。

午前中にコードネーム「野良犬ジョン」を伐採し、午後からは、土地の南側の林の
コードネーム「センター」を伐ることにしました。

IMG_3648

コードネーム「センター」の伐採

南の林「KRT48」の一番手前の真ん中の木です。
樹高は推定25メートル、直径約40センチ。

サイズは、私が今まで伐った中で一番大きかった、
コードネーム「コリャフトイヤー」と同じクラスです。

今までの伐採と違うのは、初めて土地の前の林道側に向かって、
木を倒すという事です。計算上は土地の中に樹が収まるはずです。

それでも、木の末(先端)が、道に飛び出す可能性がないとは言えません。
土地の前の林道は、1日に1~2台程度、林業関係とおもわれる人の
軽トラが通る程度の通行量です。

万一の事を想定し対策をしておく事にしました。

そこで、セッティングを終え、受け口を入れ始める前に、過去に伐採した木の
丸太などを、林道の両側において、注意喚起しました。

その場には妻どんぐりに立っていてもらい、人や車が来た際には、
事情を説明して、迂回してもらうか、少し待ってもらう事にしました。

滑車の固定先の切り株を加工

IMG_3647

今回、滑車を固定するために使ったのは、以前倒したコードネーム
「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」の切り株です。

滑車につなぐスリングベルトがすっぽ抜けてしまえば、大変なことになってしまいます。
それを防ぐために、切り株にチェーンソーに切り込みを入れてしっかりと、
ここで止まるように加工しました。

IMG_3646

ほぼ直角に角度をかえ、ローププーラーを東側にセットして引っ張ります。

IMG_3657

受け口をいれた様子です。ここで、ローププーラーのハンドルを操作にテンションを
かけておきます。その後も、追い口を入れながら、途中で更に引っ張って、
荷重をかけてやります。

幸いにも、センターの重心は、伐倒方向(枝ぶりから判断します)へ向かっているため、
自然に基本通りの処置ができれば、問題なく倒せるはずです。

とは言え、時にはビーバーでさえ失敗する事があるのですから、
慎重に作業を進める事を心がけなくてはなりません。

何度も確認しながら、追い口のラインを目標の位置まで持って行きます。
チェーンソーの刃が届かない部分は、反対側からもカットしていきます。

IMG_3683

センターは少しずつ少しずつ傾き始め、ゆっくりと均衡を崩すと、
土地のど真ん中に横たわりました。

IMG_3671

木の先端はぎりぎり、土地の中に納まりました。
この日はここで作業終了です。
明日、もう1本、南側のカラマツを切ったら、今回の伐採作業は一旦終了の
予定です。

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事 by google
おすすめ記事 by google